• ホーム
  • 早漏治療薬プリリジーのジェネリック医薬品はどんなものがある?

早漏治療薬プリリジーのジェネリック医薬品はどんなものがある?

2020年04月15日
薬を持っている様子

プリリジーは早漏に効果を発揮してくれる薬の一種です。海外のクリニックや病院では早漏の治療薬として広く普及していますが、日本では認可を受けていない薬です。そのため、薬を試してみたいときは通販サイトなどから購入するのが一般的です。しかし、薬の金額が高額であることから、手が出せない、購入したけれど続けられないというケースが出てきています。

薬の費用を抑えながら射精が早くなるのを改善したいときは、ジェネリック薬品を試してみましょう。ジェネリック薬品とは後発薬のことであり、先発薬とほぼ同じ有効成分と働きを持ちながら、価格が抑えられているのがメリットです。プリリジーにはポゼットと呼ばれるジェネリック薬品が販売されています。

ポゼットはプリリジー同様に有効成分にダポキセチンを配合し、ストレスを和らげてくれるセロトニンの分泌を促してくれます。プリリジー同様に精神的な要因が関係して射精が早くなっているタイプには、効果が期待できるでしょう。過去のセックスでトラウマを抱えていると、セックスするときにトラウマを思い出して極度の緊張状態に陥ってしまいます。緊張したまま行為に及んでしまうと、性的な刺激を少し受けただけでも興奮が最高潮に達してしまい、射精をコントロールできなくなるのです。

強いストレスを受けると交感神経の働きが活性化してしまいます。セロトニンの働きでリラックス効果をもたらしてくれる副交感神経の働きを活性化できるので、落ち着いた状態でセックスできるようになります。その結果、射精までの時間を長く取れるようになるのです。

ポゼットは日本で認可を受けていない薬ですが、ジェネリック薬品であるため、プリリジーよりも安く購入できます。有効成分であるダポキセチンは服用してから1時間ほどで血中に溶けだしてきます。そこで、セックスをする1から2時間前に服用することがすすめられています。また、ポゼットの効果が持続する時間は、5時間と決して長いわけではありません。タイミングを誤ってしまうと、薬による効果を十分実感できなくなるので、きちんと時間を見計らうことが大切です。

ポゼットは30mgと60mgの錠剤が販売されていますが、初めて服用するときは30mgから始めることをおすすめします。副作用が起こるリスクを考えて、効き目が穏やかなタイプを選ぶようにしましょう。30mgで期待するような十分な効果が得られなかったときは、60mgを試してみましょう。基本は1日1錠なので飲み過ぎには注意します。