• ホーム
  • プリリジーは早漏の治療にどのような効果が期待できる?

プリリジーは早漏の治療にどのような効果が期待できる?

2020年04月13日
相手と話したくない夫婦

早漏を緩和してくれる薬にプリリジーがあります。プリリジーは別名選択的セロトニン再取り込阻害薬という名前を持ち、有効成分にダポキセチンを配合しています。私たちは日ごろ少なからずストレスを受けて生活しています。ストレスが蓄積すると体や心など至るところに不調が出てくるようになります。ストレスの緩和に働いてくれるのがセロトニンと呼ばれるホルモンですが、その分泌量が減少してくるとストレスに対して弱くなります。

プリリジーは減少したセロトニンを補ってセックスに伴うストレスを緩和し、射精までの時間を伸ばす働きがあると言われています。過去にセックス中に早く射精してしまったり、相手から早いことを指摘されたりと、トラウマがあるとセックスに対して自信がなくなります。その影響でいざセックスするときに、緊張が高ぶってしまうようになると、神経もたかぶって少しの性的興奮で射精するようになるのです。

プリリジーに含まれているダポキセチンがセロトニンの分泌量を増やすことで、高ぶった神経を癒してくれます。気持ちが落ち着いてくると興奮や刺激に対しても強くなるので、射精までの時間を伸ばせるようになります。もともとダポキセチンは抗ストレス薬にも使われていたので、日常生活でストレスを強く受けている人には高い癒し効果が期待できるでしょう。

実際に効果があるかどうかは、服用してみないと判断が難しいです。アメリカで行われた臨床実験においては、平均で約3.6倍の効果があったことが分かっています。しかし、日本では認可されていない薬であるため、医師から商法を受けられません。海外の泌尿器科やクリニックでは広く処方されている薬なので、試してみる価値はあるでしょう。

プリリジーには副作用のリスクがあるので、飲み方には十分な注意が必要です。プリリジーは24時間に1錠だけを飲むのが基本です。1錠飲むからといって、効果が24時間続くわけではないのでその点注意が必要です。薬を飲み始めてから血中に有効成分が溶け出すまで約1時間かかります。そこで、セックスをする約1時間前に服用するのがおすすめです。

そして、薬が効き目を発揮してくれるのは約5時間ほどです。そのため、タイミングを誤って服用してしまうと、期待するほどの働きを実感するのは難しいでしょう。また、精神に働きかける薬なので、アルコールと併用してしまうと神経に及ぼす影響が強くなってしまうため、その点注意が必要です。