悲しいカップル

早漏とは自分で射精をコントロールすることができず、挿入前に射精してしまったり、挿入後すぐに射精してしまったりすることを指します。射精までの時間が短くなってしまうと、相手を十分に満足することができず、セックスに対して不安や自信を大きく失うことにつながります。

しかも、デリケートな問題であることから、親しい家族や友人にも相談しづらいことです。実は、早漏で悩んでいる男性は少なくありません。悩みを抱え続けたまま生活を送るよりも、いろいろな解決策を試してみることで、改善できるかもしれないのです。適切な対策を取るためにも、早漏の原因について理解することが先決です。

射精が早くなってしまう原因は人それぞれ異なります。主な原因について理解しておくと、自分の原因について判断するときに役立ちます。まずは、若い人やスポーツマンの多いエネルギッシュで性欲が旺盛なタイプに多いのが、過敏性早漏です。このタイプは、ペニス周辺の神経や皮膚が過敏で、性的な刺激を少し受けただけでも興奮が最高潮に達してしまいます。

その結果、射精までの時間が短くなってしまうのです。精神的な理由が原因で射精が早くなることがあります。過去のセックスでトラウマがあると、セックスに対して強いストレスや不安を覚えるようになってしまいます。神経が高ぶった状態で性的な興奮や刺激を受けてしまうと、すぐに興奮がマックスになってしまい射精が起こってしまうのです。

ほかにも、加齢が主な原因でペニス周辺の筋肉などが弱ってしまうことで、射精が早くなってしまうことがあります。自分の状況と照らし合わせて、何が早漏の原因になっているのかをよく考えてみましょう。

射精が早くなってしまうことの治療としては、薬による治療が一般的です。近頃は、早漏に関しても以前より話題に出しやすくなり、専門的なクリニックも利用できるようになりました。専門的なクリニックでは患者さんのプライバシーに配慮してくれるので、他の患者さんとクリニック内で鉢合わせしないように配慮してくれます。

気になるのは治療費用です。射精が早くなってしまう原因として、身体的な病気が原因となっているときは、保険の適用が認められますが、それ以外の原因については保険外敵用となることがほとんどです。そのため、場合によっては治療費用が高額となってしまうことがあります。また、早漏の治療薬についても、医師から処方を受けなくても購入が可能です。しかし、薬の種類によっては価格が高くなることがあります。